POWERED by USUI・公式ホームページ(TSサニー)

Maintenance

2個1(2011-07-01)

早い話が2個1です。

ヘッドは今までの物をオーバーホールして
セットしました。

スライド掃除してそのままです。

何とかなるかな・・・(2011-07-01)

スペアーがあったからいいものの・・・
なければ欠場でしたね(汗)

スペアーエンジン(2011-07-01)

オーバーホールの時期を迎えた
腰下のみのスペアーがありましたので、
今回はこれを使います。

しかし、今回でオーバーホールとなります(泣)

こうなればゴミです...(2011-06-28)

実は念願の鍛造でしたが、、、
何とも短い命でした・ ・ ・ ・ ・

まだはっきりとした原因はわかりませんが
怖いですね〜 怖過ぎます!
オーナーメカニックドライバーですから余計に怖いです(汗)

やはり10,000rpmは壁ですな!
貧乏人は9,000rpmぐらいにしておかないとこうなりますね(笑)


何とかレースに間に合わせるならば、
とりあえずスペアーエンジンを載せるしかありません!?

突貫工事です。

原因判明(2011-06-24)

早速、夜な夜なエンジンをバラしてみました。

オイルパンを剥いで・・・
???コンロッドの変色もなくおかしい・・・
そしてコンロッドを外してみると・・・
メタルも特に大きな問題はなかった...

では?
と思いピストンを取り出し眺めると・・・
何と、スカートがガリガリ君状態でした(汗)ひぇ〜(^^;)

まさかとは思いましたが、やはり最初にもしかしたら
ピストンかも知れないと言うことを考えました。
まさかが、本当に当たっていました。

ピストンの振れが思う以上に大きくシリンダー壁に当たり、その斜めになった状態で多少ヘッドにも当たり、
挙句の果てに会社に戻ったころにはエンジンも冷えて膨張が元に戻り、リングが動かなくなってしまった。。。
で、更にピストンが斜めのままになってしまいカタカタと大きな異音を発生した...恐らくそうでしょう!

これで見事にブロックはご臨終になってしまい、また高価な
お宝が一つ消えてしまいました。

あ〜チューニングエンジンはホント怖いですぅ〜(号泣)

さあ、、、これからどうするか ・ ・ ・ ・ ・

[←前ページ] [次ページ→]
 [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20]  [21]  [22]  [23]  [24]  [25]  [26]  [27]  [28]  [29]  [30]  [31]  [32]  [33]  [34]  [35]  [36]  [37]  [38]  [39]  [40]  [41]  [42]  [43]  [44]  [45]  [46]  [47]  [48]  [49]  [50]  [51]  [52]  [53]  [54]  [55]  [56]  [57]  [58]  [59]  [60]  [61]  [62]  [63]  [64]  [65]  [66]  [67]  [68]  [69]  [70]  [71]  [72]  [73]  [74]  [75]